事故

カードローンに助けられたこと

事故って急なものですよね。

どんなに気をつけて生活していても、事故にあわないという保証が無いのが世の中です。

信号が青だから、横断歩道を歩いていても、居眠り運転の車だったり、飲酒運転の車が突っ込んでくることもあります。

そして事故に巻き込まれたら、本当に大変です。

うまく命に別状の無い事故であっても、病院の入院費用だの、身の回りの備品だのを買い込む必要があります。

保険に入っていても、その時にすぐお金が入ってくるわけではないので安心できないわけです。

その急な出費が迫られたときには、どうしますか?

私はそのとき、カードローンで乗り切りました。

事故に巻き込まれたのは妻で、怪我そのものは軽かったのですが、むち打ちがひどく生活するうえで、便利そうな生活雑貨をいくつか買ったりしていたところ、お金が足りなって利用したのです。

苦労せずにお金を工面することができたのでとても助かりました。

やはりいざというときの備えは、ひとつだけではなくて、二つ、三つと複数用意しておくことが大切ですよ。

そしてその時に、カードローンというのは、心強い手札として機能してくれるのでとてもいいのではないでしょうか。

ページのトップへ戻る