飲み会

カードローンに助けられたこと

私の周りではここ数年間で飲み会の回数が少なくなってきているものの、中には断れない飲み会もあります。

手持ちが少ない時に飲み会に誘われると、とても気持ちが重くなるものです。

本当に親しい仲間から誘われて断ってばかりだと申し訳ない気持ちでいっぱいになります。

しかし、「無い袖はふれない」の言葉はよく言ったもので、飲み会に参加したいが予算がなく断わらざるを得ないという悔しい状況もあります。

私はそんな時、とても頼りになる切り札としてカードローンを利用しました。

カードローンであれば必要な時に必要な額だけ借りることができるのでいざという時の出費には非常に融通が利きます。

飲み会の予算とは言ってもそんな高いものではありませんが、実際に手持ちにない時には大金のように遠くに感じてしまいます。

年に数回しかないイベント、その時その時を大切に過ごすために、カードローンを有効活用することで予算の悩みを解決していくのもひとつの方法ではないでしょうか。

ページのトップへ戻る